title
home medical preventive antiaging contact telehealth
sa当クリニックについて
saドクター紹介
sa診察項目
sa医療情報
saドクターKのこだわり
saアクセス
saお問い合わせ

シリコンバレー オフィス
Melchor Pavillion
2490 Hospital Drive,
Suite 105
Mountain View CA 94040
Tel. 650.962.4630
Fax. 650.962.4631


サンフランシスコ オフィス
490 Post Street,
Suite 1244
San Francisco CA 94102
Tel. 415.699.6495/
415.834.5114
Fax. 415.834.5812

E-mail:
info@kobayashi-naika.com


コロナウィルス感染のPCR検査について

PCR検査は現在、体内の生きたウィルスの有無を調べる検査です。コロナウィルスPCR検査について、米国ではまだ十分に検査キットが供給されていません。そのため、一定の条件を満たさなければ検査を受けることができません。その条件とは以下のいずれかです。

1)症状(発熱あるいは咳や息苦しさなどの呼吸器症状)が陽性で、かつ過去2週間以内にコロナ肺炎の蔓延する国を旅行した方、あるいは旅行した人に間近に接触した方、あるいはコロナ肺炎と診断された患者さんに間近に接触した方

2)症状(発熱あるいは咳や息苦しさなどの呼吸器症状)が陽性で、かつ65歳以上の高齢者であり慢性基礎疾患(糖尿病、心疾患、免疫抑制剤服用中、慢性呼吸既疾患、慢性腎疾患など)あるいは免疫不全状態にある、あるいは長期療養施設入居中の方

3)症状(発熱あるいは咳や息苦しさなどの呼吸器症状)が陽性で、かつ医療従事者の方

4)コロナ肺炎が疑われ、呼吸器症状が中等度あるいは重症で入院加療する必要がある方

このうち2)と4)については検査により診断がつくことで、その後の診療方針が変わります。コロナウィルスに対する確立された治療法のない現在、軽症であれば、自宅内に閉じこもることに変わりはありません。必ずしも必要のない検査を無制限に行い、陽性と判明した患者さんを続々入院させ、貴重な医療従事者の労力と限られた医療資源を浪費し尽くし、医療崩壊に至ってしまったイタリアやスペインのような悲惨な状況を避けなければなりません。

一般のプライマリケア医のオフィスでコロナウィルスPCR検査を受けることは難しく、上記の4)の場合には病院の救急部(Emergency Department)を、1)から3)の場合には以下のDrive through検査センターを訪れることをお勧めします。

1)Stanford Heath Care:Express Care’s Hoover Pavilion in Palo Alto

2)Verily’s Project Baseline:San Mateo、Santa Clara Countyに3つのロケーション

   https://www.projectbaseline.com/study/covid-19/

3)Kaiser Hospital では独自の検査センターを設けています。

 

March 19, 2020




 

 
Copyright © 2010, Kobayashi Medical Clinic All rights reserved.